医者

痛風は再発防止のためにもきちんと治療することが大事

病院に通わずできる治療

病院

在宅医療とは、病院に通院することなく自宅などで診療をしてもらえる医療サービスです。病院で検査をするとどうしても雰囲気で緊張してしまいます。しかし自宅で診療ができると落ち着いて行えてしっかり療養することができるのです。

詳しくはコチラ

放っておくと怖い病気

足を押さえる人

生活習慣病の一つで痛風という病気があります。痛風とは、文字通り風に当てるだけでも痛いと言われているほどの激しい痛みを伴うコブのようなものが体にできる病気です。痛みを伴うコブができるとともに、発作にも見舞われます。痛風が発症する体の部位は主に足の指や付け根、関節といった箇所に多いです。足にできたコブから激痛が発症してきます。痛風の痛みは到底耐えられるものではなく、きちんと病院に行って治療を受ける必要があるのです。痛風の痛みが続くのは平均して10日ほどで収まりますが、痛みがあまりにも続く場合には、早めに病院で診察を受けることをおすすめします。また、この病気はしばらくしたら再発する可能性が非常に高い病気です。再発を防ぐには、きちんと病院に通って治療を受けることが大切なのです。

痛風が発症する主な原因は食生活からくるものです。日ごろの食生活でカロリーが高いものや過剰な飲酒を繰り返すことで血流が悪くなり、コブとなって表れるのです。痛風を改善するには皮膚の治療だけでなく、食生活も規則正しいものにしていく必要があります。痛風を発症するのは乱れた食生活からなる尿酸値の上昇から引き起ります。食生活をきちんとして体内の尿酸値を下げていく試みをすることが肝心なのです。コブの部分だけの治療をしても本当の治療とはいえず、尿酸値を下げることに重点を置いて治療を行えば痛風はおのずと治っていくでしょう。尿酸値を改善せずにそのままにしておくと、再発する可能性が非常に高くなります。最初は足の指などにできていたコブも再発を繰り返すと足首やひざなどにまで広がってしまうのです。他の部位にまで広がってしまうと痛みはさらに増してしまいます。痛風は放っておくとどんどん発症する間隔が短くなり、症状も悪化してしまうという危険性があるのです。またこの病気の怖さはそれだけではありません。尿酸値が高いため他の恐ろしい病気にかかる可能性も高くなるのです。最も合併症を起こす可能性が高いのは、腎臓です。腎臓が悪くなると食べたものをうまく体外へと排出できなくなります。排泄ができないとどんどん体のなかに余分なものが溜まってしまい、自力で生活することが難しくなるのです。このような恐ろしい病気にならないためにも日ごろから食生活をただすことを心掛けていくことが重要になります。

様子を見ることから始めよう

医者と看護師

聴神経腫瘍は耳の中にある神経の上にできる腫瘍です。これができることによって耳が聞こえにくくなることもあります。しかし、この腫瘍は良性で成長するスピードが非常に遅いためすぐに除去しなくても大丈夫です。放射線で治療もできます。

詳しくはコチラ

豊富な種類の検査方法

マスクをした女の人

京都の病院では、脳に異常がないか検査する脳ドッグを行っている病院が多くあります。人間ドッグ同様、様々な機器を駆使して脳の検査をしていきます。脳ドッグを行うことで、脳出血などの病気にいち早く気づくことができるので便利です。

詳しくはコチラ