医者と看護師

痛風は再発防止のためにもきちんと治療することが大事

豊富な種類の検査方法

マスクをした女の人

人間の体に異常がないか検査を行うことを人間ドッグといいます。人間ドッグのように脳の状態を調べる検査のことも脳ドッグといいます。京都の病院では脳ドッグを行っている病院が多くあります。脳ドッグの検査では様々な機器を駆使して脳に異常がないか検査してくれます。京都の病院で行える脳ドッグ検査は頭部のCTやMRI検査、そのほか頭部や頸部のMRA、頸動脈のエコー検査などがあります。頭部CTは、X線を当てて脳のレントゲン写真を撮り、脳内の血管や腫瘍がないかなどの確認をすることができます。X線は物体を透過して内部を覗くことができる優れた医療機器です。この機器を使うことで、脳の詳しい様子を簡単に見ることができます。脳の中には、奥深くにある血管もたくさんあります。そのため通常のレントゲンだときちんと内部まで検査することは難しいといえます。奥深くに隠れている血管が万が一異常をきたしていても、わかりにくいことが多く対処が遅れてしまうこともあるのです。そういったトラブルを避けるためにも非常に便利な検査方法であるといえるのです。この検査で見つけられる病気は、脳出血やくも膜下出血、脳梗塞、脳腫瘍などが挙げられます。脳の出血により発症する病気は数多くあります。そのため、この検査は最も受けておいたほうがいい脳ドッグの項目なのです。

そのほか京都の病院で行われている脳ドッグの検査方法には、頸動脈をエコーを使って検査する方法があります。頸動脈には様々な重要な役割を果たしている血管が通っています。この頸動脈を傷つけてしまうと死に至るケースもあり、非常に大切な血管なのです。この検査では、頸動脈に超音波が発生するエコーを当て、きちんと正常に働いているかを観察していくのです。頸動脈の血管の厚みや血流の流れ、狭窄がないかなどの検査をしていきます。これらを見ることによって血液の流れに異常がないかがわかります。血液の流れが悪くなると、動脈硬化という恐ろしい症状を引き起こしてしまう可能性が高くなり危険です。その危険性を回避するためにも、脳ドッグで頸動脈の検査を受けて正常に動いているか見てみるといいでしょう。血管が柔らかい場合は血流の流れが緩やかなことが多いです。逆に血流が早いほど血管が詰まりやすく動脈硬化を発症してしまう可能性が高くなるのです。京都には脳ドッグの検査を実施している病院が数多くあります。