医者と看護師

痛風は再発防止のためにもきちんと治療することが大事

様子を見ることから始めよう

医者と看護師

聴神経腫瘍とは、耳の神経の中にできる腫瘍のことです。正式な名称は、前庭神経鞘腫と呼ばれているものになります。この腫瘍は他の腫瘍と違って良性なので発達するスピードが非常に遅いというのが特徴となっています。成長するスピードがゆっくりなため、腫瘍ができてしまったからといってすぐに取り除く必要はありません。また何もしなくても自然と小さくなるケースもあります。そのため万が一聴神経腫瘍になってしまった場合は、まずは様子を見ましょう。少し様子を見てみて小さくならなければ取り除くことを考えてみるといいです。この腫瘍は大きくなるスピードは非常にゆっくりですが、発達してしまうと聴覚に支障を来してしまうこともあります。主な発症者の症状としては、聴力の低下や耳鳴り、めまい、ふらつきなどの症状があります。そのような症状が出てきたら、腫瘍を取り除くことを考えてみることをおすすめします。体に何かの影響を及ぼすようなら、手術で腫瘍を除去する必要が出てきます。腫瘍ができたらまずは状況を確認して、腫瘍の発達スピードを見てどんな対処を行うか考えていきましょう。

聴神経腫瘍の治療は主に放射線による治療の方法になります。放射線での治療はガンマナイフを使用して取り除きます。腫瘍のある個所にめがけて放射線を照射していき、腫瘍を構成している細胞を破壊していきます。腫瘍を作っているのは染色体や遺伝子から構成されています。それらの構成物質に放射線でダメージを与えていきます。この放射線治療を行うことで腫瘍に栄養分を補給している血管を詰まらせることができ、腫瘍の成長を止められるという仕組みになっています。放射線を照射することでこれ以上腫瘍が発達しないように働きかけることで治療を行っていきます。聴神経腫瘍は耳の神経の上の覆いかぶさるようにしてできる腫瘍です。そのため治療を行うことで神経を傷つけてしまうといった可能性も考えられるのです。神経が傷つくと顔面麻痺などを引き起こすこともありますので、慎重に進めていく必要があるのです。しかし放射線治療だとその可能性も低く、安全に腫瘍を除去することができるのです。安全で確実に腫瘍を除去するためにもこの治療法は最適なものです。